Tandberg Data

Print this Page Print Page

Press Release

(株)ネットジャパンは、タンベルグデータ(株)のバックアップ用のディスクベースのカートリッジ「RDX QuikStor / QuikStation」専用に共同開発したバックアップツール「ActiveImage Protector 2018 for RDX」を、2018年12月10日から販売開始すると発表し、プレスリリースが配信されました。

ネットジャパン社のActiveImage Protectorは、OSやアプリケーションを含め、ハードディスクを丸ごとイメージとして内蔵/外付けのハードディスク、USBメモリ、NAS、ネットワーク共有フォルダーなど、様々なストレージにバックアップできるツールです。また、タンベルグデータのRDXシリーズは、テープ装置とHDD装置の両方のメリットを兼ね揃え、バックアップ用に使用できる取り外し可能な、大容量ディスクベースのカートリッジです。

今回両社が協業することにより、ActiveImage Protectorの高速で確実なイメージングバックアップ/リカバリー技術と高い操作性、タンベルグデータのディスクカートリッジによるテープバックアップと同等のオペレーション性、アーカイブ性、堅牢性を融合し、ユーザーに両方の利便性を提供できるようになりました。

「ActiveImage Protector 2018 for RDX」では、バックアップ完了時にカートリッジを自動排出する専用のスクリプトを搭載していますので、カートリッジ交換忘れ、それによるディスク容量の不足などの事態を未然に防ぐことができます。さらに、カートリッジに保存した大容量のデータを別拠点に持ち運びできるポータビリティにも利点があります。 データの管理や保護の観点から、バックアップ運用の新規導入や見直しを検討しているユーザー企業が「気軽に導入したい」といったニーズにも対応可能です。

今後、両社のノウハウやテクノロジーを活かして、両社はユーザーに対して、先進的なソリューションの提案やサポートサービスを提供することにも合意しました。

主な特長

  • 簡単/低コストな災害復旧対策を実現
    災害などの不測の事態に備え、バックアップデータが保存されているRDXカートリッジをオフサイトに保管し(例:リモートサイトに搬送や、耐火耐水金庫に保管など)、万が一の際は、RDXカートリッジに保存されているバックアップデータからリモートサイトで迅速にシステムを復元し、再稼働させることが可能です
     
  • RDXカートリッジの自動イジェクト機能の提供
    バックアップ完了後に直ちに、または、特定の曜日の最後のバックアップ完了後にRDXカートリッジを自動でイジェクトする機能を提供しています。これにより、RDXカートリッジの取外し忘れによるバックアップデータの消失やウイルス感染を未然に防ぐことができます。また、RDX QuikStationディスクオートローダーモードと組み合わせることにより、RDXカートリッジの自動ローテーションも可能です。
     
  • 両社での十分な検証とわかり易い運用ガイド
    WindowsおよびLinux OSホストに接続したRDX QuikStor / Quikstationへのバックアップおよび復元など、両社で十分な検証を実施しています。また、RDX QuikStor / QuikstationとActiveImager Protectorの導入から、バックアップ/復元などの一連の操作手順を運用例を挙げて詳細に解説した運用ガイドも内製していますので、導入も安心です。

詳しくは、㈱ネットジャパンのプレスリリースをご参照ください。

ActiveImage Protector 2018 for RDX リリース

 

2018/12/10
ActiveImage Protector 2018 for RDX がリリースされました

(株)ネットジャパンとタンベルグデータ(株)がバックアップソリューション分野で協業
~RDX専用のバックアップツール「ActiveImage Protector 2018 for RDX」を販売開始~

アーカイブ
Tags: press releases, public relations archive, PR
Send Feedback

Send Us Feedback

Questions, comments, suggestions? Use our
feedback form and let us know what you think.

Feedback Form